*

アフィリエイトの感触

公開日: : 最終更新日:2015/03/08 アフィリエイト

かつてそこそこ訪問者のあった育児ブログを運営していたのは既に何度も触れた通りです。その際、誠に不真面目ながら、一応アフィリエイト用のリンクを貼っていたことも過去に書きました。

自分がその時、曲がりなりにもせっせとリンクを作っていたのは、主にAmazon.co.jpにある商品へのものでした。しかし、それ以外にも形だけですがアフィリエイト・サイトへの登録もし、そこを通じても数社と提携、リンクを貼ったような記憶はあるんですが・・・。

今日、改めてアフィリエイト戦略を練るために、そういったアフィリエイト・サイト(ASPというそうです)について調べ、過去に登録してあったASPにも行ってみました。そしてビックリ!!

1048円の確定報酬がありました。

屁のような額ではありますが、まったくもって「???」という気分です。同時にこれがいつ頃、どのような経緯で得られたのかが気になりました。管理画面をあちこち眺め、レポートを遡ろうとしましたが、データは2013年分までしかなく、分かったことは、この成果報酬がそれ以前に発生したものらしいということだけでした。

データに関してはないものはないで仕方ありません。ただ、記憶の中にも何も残っていないぐらいに、取り立てて何もしてこなかったにもかかわらず、結果が出ていたことにむしろ驚きを禁じ得ませんでした。

アフィリエイトって、思っている以上にいけるのではないか。

という甘い予想で今は胸がいっぱいです。

最初にアフィリエイト戦略云々と書き出しましたが、これまで簡単に触れてきた成果報酬型やクリック型といったアフィリエイト形態の中にもいろいろな種類があります。例えば、Amazonと楽天は似たような店舗で、アフィリエイトも共に成果報酬型に分類できますが、報酬率や再訪問期間(これについてはいずれまた触れたいと思います)の違いもあり、どちらを選択するかは運営者の戦略次第です。

アフィリエイトといっても、頭を使わないといけない部分がたくさんあるようです。

関連記事

blue-icon

端くれぐらいにはなれました。

しばらく、開店休業状態でした。 こちらのブログはもとよりですが(あまり書くことがないんですよね

記事を読む

yellow-icon

テーマ編集と広告戦略

本日の作業です。 以前から気になっていたことです。こちらのページに図解入りで、効果的なアドセン

記事を読む

blue-icon

自分を見つめ直して

さて、前記事ではプロジェクト開始を高らかに宣言したわけですが、稼ぐためのブログを作るために具体的に何

記事を読む

blue-icon

ブログランキングの影響力

  現在運営中の三つのブログは、いずれも人気ブログランキングと日本ブログ村のランキン

記事を読む

blue-icon

とんだ勘違い

アドセンスの調子が上がりません。 主力ブログは「帰ってきた ママと呼ばないで」だと自分では思っ

記事を読む

blue-icon

4月分のクリック数解析

4月分のバリューコマースにおけるクリックを解析してみます。このデータはメインブログである「帰ってきた

記事を読む

blue-icon

経験則

今回は事業形態の二本柱であるアフィリエイトと電子書籍出版のうち、アフィリエイトについて考えてみたいと

記事を読む

blue-icon

最高金額更新

今日、久しぶりにアドセンスにクリックがありました。クリックは四回めです。金額は100円ぐらいになまし

記事を読む

blue-icon

励みになります

昨日の夜から少しアフィリエイトの選択肢を広げる工夫をしてみました。 これまで参加していたアフィ

記事を読む

blue-icon

成果が出にくいジャンル

昨日、久しぶりにクリックによるアドセンスの成果がありました。20円弱ですが、それまでは細々と表示回数

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
  • shikaku

    管理人:なんばかい

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑