*

テーマ

公開日: : 最終更新日:2015/03/09 アフィリエイト

日曜日ですが、とりあえず考えがまとまっているうちに一つ書き残しておきたいと思います。

前回はリピーターの確保について考えてみました。どなたかがブログを訪問してくださり、後日また訪問してくださる。潜在的母集団が大規模かつリピーターをがっちり掴むことで、100が120になり、180になる可能性さえあります。アフィリエイトの下地としては盤石に思えます。

ところで、前々回の母集団に関する記事で、言語グループの大きさについて少し触れました。例えば、世界で最も流通度の高い英語を使えば、ブログを訪れる人は特定特殊言語を使ったブログよりも多くなるはずです。

これに関連してもう一点考えておきたいことがあります。それは同記事でも少し触れた関心グループの規模です。ブログのテーマを考える際、できるだけ多くの人が関心を持っているようなテーマを選べばそれだけ訪問する人の数は多くなるはずだということです。

全然難しい話ではないと思いますが、多くの人が関心を持つテーマとはなんでしょう。お気に入りプロ野球チームや人気アイドルグループに関するテーマがそういった類のものかもしれません。

しかし、こういった多くの人が関心を持つテーマで果たして「良記事」が提供できるでしょうか。彼らは我々のごく身近にいる存在ではありません。それゆえに、現実に身を置く我々に彼らは「夢」を提供できるのです。

また、こういったテーマはライバルも多数存在するはずです。ライバルに負けない「良記事」を提供できるでしょうか。

私が考える「良記事」とは他者が知り得ない・知り得なかった情報を含んだものです。

誰もが知り得る情報なら他者にとって必要のないものではないでしょうか。翻って、遠くから夢を提供してくれる存在について、我々はどれほど他者の知り得ない情報を持っているでしょうか。

何もプロ野球やアイドルについてのブログを批判しているわけではありません。ある対象の支持者として、また支持者同士の交流を目的としてそれはアリだと思います。ただ、アフィリエイトで稼ぐという目標を立てる以上、潜在的母集団の規模がそれなりに見込めるテーマを決定し、「良記事」によってリピーターを確保する。この二つの歯車の噛み合わせが重要なのではないか。今日はそんなお話でした。

関連記事

blue-icon

クリック率は定数

自分が「ネットで稼ぐ」ことを実現する上で考えているのは二点です。一つは電子書籍の出版で、もう一つがア

記事を読む

blue-icon

経験則

今回は事業形態の二本柱であるアフィリエイトと電子書籍出版のうち、アフィリエイトについて考えてみたいと

記事を読む

blue-icon

アフィリエイトの形態

前回は「良記事」を積み上げてゆくには自分の得意な舞台で立ち回れという話でした。どんなに人気のテーマを

記事を読む

blue-icon

良記事へ

言わんとしていることを日々小出しにしている関係で、話の内容に構造が見えにくくなってきたように思います

記事を読む

blue-icon

サブドメインはNGです!

毎日ブログ記事をアップするのがそろそろ苦痛になってきたので、「もういいや!」っとばかりにGoogle

記事を読む

blue-icon

励みになります

昨日の夜から少しアフィリエイトの選択肢を広げる工夫をしてみました。 これまで参加していたアフィ

記事を読む

blue-icon

ダブルレクタングルを稼働させました。

昨日は日曜日でしたので、こちらのブログでは初めてお休みさせていただきました。こことよろずなんでもベル

記事を読む

blue-icon

とんだ勘違い

アドセンスの調子が上がりません。 主力ブログは「帰ってきた ママと呼ばないで」だと自分では思っ

記事を読む

blue-icon

艦隊方式

相変わらずネット稼業実現のための情報収集に明け暮れています。と同時に、「自分に可能なのだろうか」とい

記事を読む

blue-icon

ブログランキグを有効に使う

本日の作業です。今日はなんとかブログの体裁に手を加えることがでいました。といっても大したことができた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
  • shikaku

    管理人:なんばかい

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑